顧問弁護士の必要性

顧問弁護士は必ずしも必要なものなのか。企業に顧問弁護士がいるのといないのとでは、様々なメリットの違いがあります。日常的や継続的な中で会社の中の実情を把握した顧問弁護士がいることで解決下と話を進めるなかで一般論で話をするのではなくその内容に特化していて、実効性が高い話をしていくことができるようになります。また、顧問弁護士に相談をすることでトラブルなどの判例や法務などの改正などの新しい情報を随時アップしていくので、企業側に関連する情報を迅速にそして的確に提供してもらえることになります。

さらに、取引などにおいて信用力や話の内容の向上化が図れます。企業が仕事をしていく中では、まったくトラブルと無関係といったところは一つもありません。何らかのトラブルが起こり得ることがあるのです。そんな時に弁護士を探してそこでこれまでの状況を細かく説明をして最終的に依頼するといったことでは対応が迅速化されない他、急を要する場合にも時間ばかりがかかってしまい的確な対応ができないものです。新しいクライアントでしたら経験不足から、話の内容が一般論になってしまう弁護士もいます。こうなってしまうと要点を絞った話し合いができなくなってしまいます。しかし顧問弁護士がいることで、日常企業がどのような経営をして仕事をしているのかが把握できていますので、その内容に見合った話し合いができて迅速なサポートが受けられるのです。

今ではインターネットから弁護士も探せるといったこともありますが、たとえ弁護士が見つかったとしても、企業内の状況を把握していないのでトラブルの解決にはまず企業の内情を知ることから話し合いが始まってしまいます。